ステラは、NHKの番組を中心にテレビ・ラジオの情報をお届けする週刊誌です。

Wekly Topics

ドラマ
ドキュメンタリードラマ
〈命のバトン~赤ちゃん 縁組がつなぐ絆〉
出演者がコメント
[本誌 6/25号(6/16発売)に掲載]

 予期せぬ妊娠に直面した女子高校生を主人公にしたドキュメンタリードラマ〈命のバトン~赤ちゃん縁組がつなぐ絆〉の放送が決定した。ドラマと、実際の養子縁組家族のドキュメント映像を組み合わせ、命の尊さと多様な家族の形を伝える。
 高校2年生の桜田結(鈴木梨央)は妊娠に気づくが、誰にも相談できずにいた。偶然知り合った児童相談所の児童福祉司・成瀬千春(倉科カナ)は、結に選択肢の一つとして、赤ちゃん縁組(新生児特別養子縁組)を提示する――。
 結役の鈴木は「今回初めて、子どもを出産する結という役を演じ、私たちの命はたくさんの人の愛によって育まれているんだと、深く感じました。いろいろな人たちとのつながりや、その奇跡を考えたり、感じたりしていただけたらうれしいです」とコメント。
 また、千春役の倉科も「〝新生児特別養子縁組〟や〝赤ちゃん縁組〟を知っている方はどれくらいいるのだろう。私自身、この作品を通じて知りました。当事者の方が思い詰めてしまったとき、母子ともにいろんな選択肢があります。だから、児童相談所の方に気負うことなく相談してほしい。少しでもこの作品を通して、救われる命がありますように」と語った。
 本作は、ことしの秋にBS1で放送予定。

左から、結役の鈴木、千春役の倉科。

ステラホームページへ