ステラは、NHKの番組を中心にテレビ・ラジオの情報をお届けする週刊誌です。

Wekly Topics

ドラマ
ドラマ〈生きて、ふたたび 保護司・深谷善輔〉
出演者が作品にかける思いを語る
[本誌 6/18号(6/9発売)に掲載]

 罪を償い、社会に復帰しようとする人を助ける〝保護司〟を描く、プレミアムドラマ〈生きて、ふたたび 保護司・深谷善輔〉(BSプレミアムほか/全8回)が、ことしの秋に放送される。
 高校の国語教師を勤めあげた深谷善輔が、第二の人生に選んだのは保護司。彼は、刑期を終えようとする仮出所中の対象者と接することで、教師時代にやり残した〝あること〟をする機会をうかがっていた。そんな中、自分の子の一人を殺した罪で服役していた小山結子の担当になる。善輔は彼女をどのように導いていくのか。
 善輔を舘ひろし、結子を浅丘ルリ子が演じるほか、善輔に葛藤を抱く娘・美晴役で蓮佛美沙子、結子との確執に苦しむ娘・香苗役で真矢ミキが出演する。4人は次のようにコメントを寄せた。

「保護司という立場で、心の傷や痛みに寄り添うような役柄を演じられればと思います。石原裕次郎さんと数々の名作で共演してこられた浅丘ルリ子さんと初共演させていただけて、大変光栄です」(舘)
「善悪の概念を超えた場所で起こる悲劇に、私たちはどう向き合えばいいのか。私が演じる美晴は、視聴者の方にいちばん近いところにいる存在だと思います。私自身も彼女と一緒に戸惑い、悩み、考えていきたいです」(蓮佛)
「同じ空の下であったとしても、人の数だけさまざまな空の色が広がり、その中には二度と日が昇らない景色もあるのかと、台本を読んで胸が熱くなりました」(真矢)
「石原裕次郎さんとのご縁で、今回、はじめて舘ひろしさんと共演することになりました。8本あるお話の中で、どう展開していくのか、楽しみにご覧ください」(浅丘)

上段左から時計回りに、善輔役の舘、結子役の浅丘、美晴役の蓮佛、香苗役の真矢。

ステラホームページへ