ステラは、NHKの番組を中心にテレビ・ラジオの情報をお届けする週刊誌です。

Wekly Topics

ドラマ
よるドラ〈閻魔堂沙羅の推理奇譚〉
中条あやみ主演でことし秋に放送決定!
[本誌 9/18号(9/9発売)に掲載]

 ミステリー作家・木元哉多の同名小説シリーズを原作とした、よるドラ〈閻魔堂沙羅の推理奇譚〉の制作が進んでいる。
 閻魔堂の主・沙羅は閻魔大王の娘で、死者を天国に送るか地獄に送るかを決める、あの世の裁判官。沙羅のもとを訪れるのは、誰かに殺され、現世に未練のある死者ばかり。そんな生き返りたいと願う死者たちに、沙羅は「自分の死の真相を突き止めるのが条件です」と言い放つ。
 生き返るため必死に推理をめぐらせる死者たちは、やがて、生前、自分が一生懸命生きてこなかったことを思い知る。彼らは自分の死の真相を突き止め、生き返ることができるのか―?
 死者自身に事件の真相を解決させるという、異色の設定が目新しいオムニバスミステリードラマ。主人公・沙羅を演じる中条あやみが着こなす、美しく色鮮やかな“裁判官ファッション”も楽しみだ。

 ドラマについて中条は「閻魔大王の娘役! 初めて聞いたときは、いろいろな意味でビックリしました。いつかこのような特殊な役を演じてみたいと思っていたので、沙羅になれることが楽しみです。台本を読んでいて、毎回それぞれの人間ドラマがとても楽しいと思いました。閻魔堂にやってきた死者に対して、沙羅が諭す言葉にはとても大切な意味があり、ドラマを見ている方の心にも刺さると思います。毒っ気もあり、天真らんまんでもある沙羅のキャラクターを大事にして、キャスト、スタッフと一緒に力を合わせて楽しい作品を作っていけたらいいなと思います。ぜひ、“死者復活・謎解き推理ゲーム”を楽しんでいただけるとうれしいです」と語った。
〈閻魔堂沙羅の推理奇譚〉はことしの秋に、総合テレビで全8回で放送予定。

閻魔堂沙羅役の中条あやみ。

ステラホームページへ