ステラは、NHKの番組を中心にテレビ・ラジオの情報をお届けする週刊誌です。

Wekly Topics

ドラマ
2020年度前期連続テレビ小説〈エール〉
主人公の妻役に二階堂ふみが決定!

 来年春より放送開始の、連続テレビ小説〈エール〉。福島県出身の昭和を代表する作曲家・古関裕而と、その妻・金子をモデルに描く夫婦の物語だ。主人公の古山裕一を窪田正孝が演じることが決まっていたが、このたび、古山を支える妻・関内音役を二階堂ふみが務めると発表された。

 音のモデル・内山金子は、夫の才能を信じて支える一方で、「歌手になる」という自らの夢をも追い続けた情熱的な女性。二階堂はオーディションを勝ち抜き、2802人の中からヒロイン役を射止めたという。二階堂は「〈エール〉という作品が“朝ドラ”になると知ったときから、ぜひかかわりたいと思い、オーディションを受けさせていただきました。たくさんの人に勇気や元気を与えてきた古関さんを、隣で支える女性を演じたかったので、本当にうれしいです」と、作品への思いを語った。

 そして運命の伴侶を演じる二階堂について、窪田は「ふみちゃんとは以前、別の作品でご一緒したことがあって。彼女の芝居の繊細さや、役への入り方をすごく魅力的に感じていました。一緒に作品を作れることが幸せですし、2人にしかできない化学反応のようなもので、作品を盛り上げていければ」と笑顔。2人は互いに「1年間、よろしくお願いします」と頭を下げ、早くも息のあった“夫婦ぶり”を見せた。
 〈エール〉はことし9月にクランクイン予定だ。

ステラホームページへ