第21回 作品一覧

作画
作画者コメント
石原 詢子
〈演歌歌手〉

印南さんの詩から感じた“人生をともに歩んできた大切なもの”という
イメージどおりに描くことができました。

キャンバスに油絵の具
267mm×215mm

脚を磨こうよ


作詩者コメント
印南 房吉
〈神奈川県 87歳 肢体不自由〉

事故は天災と受け止め、天災を乗り越えるのが
人生であると歩いてきました。同時に家族や周囲の人たちと
社会の支援を身にしみて感じています。

2ねんに1ほ゜ん、あしをつくったさいしょわじゅらるみん、いたかったなあるけてうれしくてははにみせにいったははわあしをあかちゃんのよーにた゛きあけ゛ゆっくり、ゆっくりみか゛いた60ねん、あるけたいまわきょーかふ゜ら、かるいねつやか゛かわになるまて゛みか゛くかせ゛に、きらきらきえていった