大人の流儀 伊集院静展 東京

小説家・伊集院静さんは1981年『皐月』で作家デビュー、『受け月』で第107回直木賞を受賞、新聞の連載の他、作詞家やエッセイストとしても活躍しています。「大人の流儀」シリーズは累計195万部を数え、今秋には最新刊『ひとりで生きる 大人の流儀9』が発刊されます。
「その仕事は卑しくないか」「その仕事はより多くの人をゆたかにできるか」など、その文章からは、常に大人としての生き方を模索し問いかける姿勢が浮かび上がります。「大人は“狐”であることを恐れないこと」、伊集院静という作家は、“狐”であるという覚悟を一貫して表現し続けてきました。
本展では、書斎の再現、交流のある方たちからのメッセージや縁の品、などを展示するとともに、人気エッセイ集「大人の流儀」をはじめとする著作物の中の言葉をきりとり、「生きる」、「仕事」、「大人の流儀-出会いと別れ」、「大人の愉しみ」の4つの視点から、伊集院静さん自身とその作品の魅力にせまります。

松屋銀座は台風19号の影響により、10月12日(土)は臨時休業となりました。
また、10月13日(日)に関しては鉄道会社の運行状況により営業時間が
変更になる場合がございます。詳しくは松屋銀座ホームページをご確認ください。

会期

2019年10月9日(水)~2019年10月22日(祝・火)

会場

松屋銀座 8階 イベントスクエア

東京都中央区銀座3-6-1

開館時間

午前10時 ~ 午後8時

※10月9日(水)は午後7時、14日(祝・月)・20日(日)は午後7時30分、
 最終日は午後5時閉場。(入場は閉場の30分前まで)

入場料

一般 1000円
高校生 700円
中学生 500円
小学生 300円

主催

NHKサービスセンター

特別協力

講談社

協力

集英社、小学館、双葉社、文藝春秋、(公社)日本写真家協会、映画「駅までの道をおしえて」

協賛

サントリーホールディングス株式会社

企画制作

HSプランニング

問い合わせ先

松屋銀座 TEL 03(3567)1211
営業時間 午前10時~午後8時
※10月14日(祝・月)、20日(日)は午後7時30分まで

※都合により、スケジュールや展示作品は変更になる場合があります。

本サイトに掲載されている画像、イラスト及び記事の無 断転載、使用はお断りいたします。 copyright NHK SERVICE CENTER,INC. All rights reserved.

TOPへ戻る