とどけたい、つなげたいを カタチにする。

“NHK施設・広報PR”
NHK施設運営

NHKスタジオパーク

スタジオパークは、多彩な17のコーナーで構成される体験型の放送テーマパークです。
公開番組の観覧や参加をはじめ、昔なつかしい番組やキャラクターとの出会い、ニュースキャスターやアニメ声優体験のほか、臨場感あふれる360インチスーパーハイビジョンでのコンテンツ上映など、幼児から年配の方まで幅広くお楽しみいただける施設です。

”紅白”のステージをご利用いただけます
NHKホール

「NHK歌謡コンサート」などのNHKの公開番組やN響定期公演をはじめ、各種コンサート、伝統芸能の上演などを行っているNHKホールを各種公演にご利用いただけます。
ステージは、大型のオペラを余裕をもって上演できる広さがあり、また十分な広さを持つ左右のサイドステージやバックステージ、および客席としてもエプロンステージとしても使用できるオーケストラピットがあります。
客席はからだの不自由な方が車椅子のまま客席に入り観覧できるようになっています。

NHKみんなの広場ふれあいホール

ふれあいホールは、視聴者のみなさまが公開番組やイベントに気軽に参加していただける施設です。
3階のギャラリーは、絵画などグループ活動の作品発表の場としてご利用ください。

舞台と客席が近く、出演者と客席との一体性を実現しています。

放送専門ミュージアム
NHK放送博物館

世界最初の放送専門のミュージアムとして、1956年に開館しました。日本の放送が始まったのは1925年。以来、ラジオからテレビへ、さらに衛星放送、ハイビジョンそしてデジタル放送へと放送は大きく進歩・発展してきました。
放送博物館では、放送の歴史に関する約2万件の資料と約7千点の図書を所蔵しており、順次公開しています。