講評:浅井愼平氏(審査委員長)【クリックすると講評が読めます】

総評

 さまざまな視点からアプローチした作品が応募されていて、月ごとに個性のあるカレンダーができあがったと思います。四季折々の日本の風景の中から、何をどのように表現しようかと、試行錯誤しながらも撮影を楽しまれているように思いました。また、応募者の方々にコンテストの趣旨が広まって、それを理解して応募いただいているということを感じました。
 「カレンダーをつくる」ことを目的としているコンテストなので、1枚の写真の中にどのくらい季節感が表現されているかが大切になってきます。また、それぞれ1ヶ月間見られる写真となりますから、一瞬だけのおもしろさで終わらずに、何度見ても楽しめるような、豊かさや力のある写真であるかということも意識して審査を行いました。
 審査する側も難しいと思うところですが、やはりコンテストは競争の場ですから、優れた作品が同じ季節に集中して激戦になるなど、優れていても残念ながら選ばれないという場合もあります。落選して残念に思う方もいらっしゃると思いますが、あきらめずにまた応募していただきたいです。

金賞作品について

 金賞の「優美な桜」は、その場の空気や温度というものを感じられて、日本の季節感をよく捉えている作品だと思いました。また、写真撮影で大切なフレーミングや色合いなど、さまざまなポイントがきちんと押さえられています。写真表現には、夜明けや夕景など風景が変化していく時間帯のほうが向いているのですが、でもそうではない、昼間のゆっくりと流れる時間をうまく止めてみせたというところも素晴らしいですね。一見凡庸に見えるけれども、かなり美しい写真だと思います。

銀賞作品について

 銀賞の「シラエビ漁」は、光と影が巧みに表現されていて、いつシャッターを切るかということに非常に神経を研ぎ澄ませている作品だと思いました。光がとても美しい時間帯に、その光が映える被写体を見つけて、刻々と変化していくなかの一瞬をうまく撮影されています。夜明けで逆光といった場面は、写真表現でよくあるパターンだと思いますが、平凡な1枚にはとどまらない完成度の高い作品だと思いました。

金賞


「夕暮れの彩」鹿島 秀夫
「優美な桜」
髙木 志津夫

(撮影地:福島県)
壁掛け4月

銀賞


「水車の有る水辺の風景」山下 勝隆
「シラエビ漁」
柳木 繁弘

(撮影地:佐賀県)
壁掛け8月

優秀作品賞

「真夏の夜の饗宴きょうえん
山内 勝
(撮影地:兵庫県)
壁掛け表紙
「樹氷輝く」
与原 一義

(撮影地:山梨県)
壁掛け1月

「SL湿原号と並走する馬のトレッキング」
勝山 重雄

(撮影地:北海道)
壁掛け2月

「春の訪れ」
深田 哲弘

(撮影地:三重県)
壁掛け3月

「優美な桜」
髙木 志津夫

(撮影地:福島県)
金賞 壁掛け4月

「新緑の棚田」
河野 英夫

(撮影地:佐賀県)
壁掛け5月

黄昏たそがれの参道」
山﨑 泰
(撮影地:栃木県)
壁掛け6月
何処 いずこへ」
松﨑 紘一
(撮影地:北海道)
壁掛け7月
「シラエビ漁」
柳木 繁弘

(撮影地:佐賀県)
銀賞 壁掛け8月

「鮮やかに」
松義 一樹

(撮影地:埼玉県)
壁掛け9月

黄昏たそがれ
木村 克巳

(撮影地:北海道)
壁掛け10月

大銀南木おおいちょうのき
逓駅 隆英

(撮影地:青森県)
壁掛け11月

「Tokyo twilight」
成瀬 亮

(撮影地:東京都)
壁掛け12月

佳作

「夏の沖縄」
鈴木 邦明

(撮影地:沖縄県)
卓上表紙

「薄雪の竹田城」
東畠 孝輔

(撮影地:兵庫県)
卓上1月ー2月

「早春賦」
山本 喜久夫

(撮影地:千葉県)
卓上3月ー4月

「初夏の頃」
太田 誠

(撮影地:福井県)
卓上5月ー6月

「龍神の池入れ」
中根 英治

(撮影地:埼玉県)
卓上7月ー8月

「しじみ漁の朝」
田中 作夫

(撮影地:島根県)
卓上9月ー10月

「吊し柿」
保屋野 厚

(撮影地:山梨県)
卓上11月ー12月

努力賞

「雪国」
堀越 末次

(撮影地:秋田県)
努力賞2月

「小さな赤灯台」
大高 久昌

(撮影地:愛媛県)
努力賞3月

「若葉の 竹林ちくりん
佐藤 弘

(撮影地:栃木県)
努力賞3月

静謐せいひつな休日」
奈良 澄
(撮影地:群馬県)
努力賞5月
「川渡り神幸祭」
岩間 静子

(撮影地:福岡県)
努力賞5月

「パッチワーク」
大竹 茂

(撮影地:北海道)
努力賞7月

「虫送り」
柳瀬 真

(撮影地:新潟県)
努力賞7月

「一人旅」
酒井 陽一郎

(撮影地:島根県)
努力賞8月

「漁の終わり」
水沢 成利

(撮影地:千葉県)
努力賞12月