学校放送・ICT活用! 先生応援サイト

放送教育ネットワーク

放送教育のこれまでとこれから

 NHKサービスセンター〔放送教育広報部〕は、教育放送の利用推進と普及を図るために1952年(昭和27年)に設立された一般財団法人日本放送教育協会の業務をそのまま引き継ぐ形で、平成27年4月に発足しました。
 当部は、様々な事業活動を行うことにより、教育放送の利用者と番組制作者のいわば架け橋として重要な役割を果たしています。NHKおよび多くの研究者の方々の協力を得て、学校放送番組に関する実践研究をはじめ、全国放送教育研究会連盟(全放連)や地方放送教育研究会主催の各種研究大会の支援、および様々なメディアを通した学校放送番組の普及促進活動に取り組んでいます。
 また、豊かな人間性の育成をめざし、中学校、高等学校における校内放送活動の一環として開催されるNHK杯全国中学校放送コンテスト、並びに同高校放送コンテストの事務局業務を担い、円滑な運営に貢献しています。
 今、NHKでは放送番組をはじめとする学校向け教育サービスを"NHK for School"のブランドに統一し、インターネットの効果的な活用を進めて年々その充実を図るとともに、教育現場のニーズに応える新しい学校放送番組の開発に取り組んでいます。
 放送教育広報部も、NHKや教育現場の先生方と手を携えて、未来を生きる子どもたちのために教育とメディアの関わり方をさらに追求し、新たな提言をしていきたいと考えています。なお、幼稚園・保育所、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校に関する視聴覚教育および放送教育の研究・支援など、従来から行っている活動は今後も継続してその充実を図ってまいります。
 よろしくご支援のほどお願いいたします。

【放送教育の振興・発展をめざす〔放送教育広報部〕の事業内容】

  • ■ 放送教育・ICT教育の振興に関する研究ならびに調査
  • ■ 放送教育・ICT教育に関する情報および利用方法の提供
  • ■ 教育放送番組およびウェブ教材の周知・利用方法に関する印刷物等の作成・配布
  • ■ メディアと教育に関する研究組織への助成・協力
  • ■ そのほか定款に定める目的を達成するために必要な事業
ページトップへ