個人情報保護方針

放送の周知・普及、視聴者サービス業務を展開する一般財団法人NHKサービスセンター(以下「財団」といいます。)は、お客さまの個人情報を大切にし、適切に保護することが重要であると認識し、次の基本方針により個人情報の保護に取り組みます。

1 適切な個人情報の収集、利用、提供を行います。

個人情報の収集、利用、提供等の管理ルールを明文化し、個人情報の適切な管理を行います。

お客さまから個人情報を収集する場合は、目的、財団の問い合わせ窓口等を明示したうえで、必要な範囲の個人情報を収集します。

法律上の要請等によらないかぎり、お客さまの事前承諾なく第三者にお客さまの個人情報を開示・提供することはありません。また、お客さまの個人情報を業務委託先に提供する場合は、守秘義務や適正な取扱いに関する事項を定めた契約書を結ぶなどして業務委託先に個人情報保護を義務づけるとともに、業務委託先が適切に個人情報を取り扱うよう管理・監督します。

個人情報の取り扱いに関するお客様からの苦情やお客さまご本人からの開示等の求めについては、財団本部と支局で受け付け、迅速かつ適切に対応します。

2 適切な個人情報保護施策を講じます。

個人情報の盗難、改ざんおよび漏洩等によるプライバシーその他の侵害を防止するため、適切な安全管理措置を講じます。

3 法令およびその他の規範を遵守します。

個人情報の取扱いに関しては、個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第57号。)をはじめとする個人情報に関する法令およびその他の規範を遵守するとともに、財団の規程に準拠して行動します。また、役員を含むすべての就業者に教育・啓発を実施します。なお、個人番号をその内容に含む個人情報(以下「特定個人情報」といいます。)については、より厳格な保護措置が、「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」(平成25年法律第27号。以下「番号法」といいます。)で規定されています。財団は、番号法その他関連する法令等に基づき、個人番号および特定個人情報に関する基本方針および取扱規程等を定め、個人番号および特定個人情報の保護の取り組みを行います。

4 個人情報保護体制の整備を行います。

個人情報の適切な管理を行うため、個人情報保護統括管理責任者、個人情報管理責任者、個人情報取扱責任者を配置します。

一般財団法人NHKサービスセンター