お問い合わせ
iPhone・iPad語学ビジネス・実用書落語その他音楽
お知らせ
語学
オーディオブック
「野槌の墓」宮部みゆき

長屋の“何でも屋”に舞い込んだ依頼は、木槌の物の怪退治!?
 
深川三間町、八兵衛長屋の"何でも屋"柳井源五郎右衛門は、ある日、娘の加奈から奇妙な頼みごとをされる。加奈が可愛がっている野良猫のタマは実は化け猫で、源五郎右衛門に話があるから聞いてやってほしいというのだ。半信半疑の源五郎右衛門だったが、ある夜、人間の姿に化けたタマが本当に訪ねてきた。あ然とする彼に、タマはさらに驚くべきことを告げる。
「悪さをする物の怪を、一匹、退治していただきたいんです―」
それは木槌の化け物、野槌。ある事件をきっかけに、人に仇なすようになった野槌を斬ってほしいという化け猫の依頼に、源五郎右衛門は……!?
 
日本を代表するベストセラー作家・宮部みゆきの時代小説短編集「ばんば憑き」より、個性豊かな物の怪たちが登場する人気作をオーディオブック化。多彩な演技で人々を魅了し続ける名優・佐野史郎が朗読しました。軽妙ながらも胸に迫る切ない物語を、お楽しみください。
 
 
mora、FeBeで発売中!
オーディオブックはこちら → moraで購入 moraで購入 FeBeで購入
書籍はこちら → KADOKAWA